収入は安定しているが人間関係はドロドロ

急性期や慢性期の医療現場で働く看護師にはいろいろな職種があります。
大きく分けて正看護師と準看護師です。
正看護師と准看護師のお仕事はほとんど一緒ですが、准看護師は正看護師の指導のもとでお仕事をします。
ということは正看護師の給料は高く、准看護師の給料は正看護師と比べて低いです。

准看護師が正看護師になるためには、正看護師になるため勉強し正看護師の試験に受かる必要があります。
日々のお仕事と勉強ともし家族があれば家族サービスなど大変な中で勉強することを求められます。
でも准看護師の目標が正看護師であれば数年勉強しれば必ずパスできると思います。

準看護師は、職場で同じ仕事をするのに資格の身分で給料が低く納得がいかないのであれば正看護師を目指すべきです。
でも、患者やそのご家族からは誰が正看護師で誰が准看護師など見分けもつかず、病棟にいる看護師はみんな正看護師だと思っているでしょう。
結果として、患者たちが求めるのはやはり最高の医療サービスです。

一般オフィスでいう正規社員と非正規社員のような響きですが、待遇が違えば対応も違ってくるようです。
正看護師の中には准看護師を見下す方たちも多いようです。
経済的理由や家庭の事情から准看護師にとどまっていると考えられますが、正看護師から酷いことを受ける准看護師はかわいそうですね。

医療機関は各種医療や介護のスペシャリストの集団で、それぞれの技術を発揮しチームプレーで患者のベストの治療や医療行為の計画などをすすめていきます。
しかし、医療機関での人間関係は図りしれない部分があります。
患者やそのご家族には医療現場の人間関係は全くみません。
逆に見えてしまうと医療機関の信頼性や医療行為自体に問題があるように取られてしまいます。

医療機関でのトップのポジションをキープするのは、もちろん医師です。
医師はお仕事を選ぶ傾向にあるようです。
看護師が患者の状態確認や診察依頼をしても私的理由から聞かない医師もいるようです。
次に看護師ですが、看護者は医師と患者やそのご家族から挟み撃ちの状態です。
患者やご家族からクレームを受けるのは看護師でお仕事が忙しいだけにクレームがくるとストレスがたまり、どっかにはけ口が必要なのでしょうが、同じ職場の同僚の噂を拡散させる人たちもいるよです。

やはり医療現場での弱者は準看護師と介護士でしょう。
患者に直接接して、毎日一生懸命患者のために体力と技術を提供しているにも関わらず、地位がある同僚からいじめ的な羞恥をうけると気持ちもめいっていきます。医療現場は実は弱肉強食の環境でドロドロですが、自分自身や家族を守るためみんさんに知っていただき、よい医療介護サービスを受けれる知識を身につけてほしいです。

まさに医療従事者や患者さんにはサバイバルの環境です。最後に、患者さんはセカンドオピニオンを求めてほしいです。