医師と看護師の危険な関係

私たちは風邪などの病気や出血などの大きな怪我をすると、必ず行くところといえば病院やクリニックなどの医療機関です。

医療機関は医療法やその他の法律の条件を満たし運用しています。
なので医師や看護師が何人必要で、その月の患者さん対応も含め、それに応じた医療報酬を受けます。

いつも職場で一緒に働く医師と看護師です。
いつもどこでもペアーでお仕事をします。
医師は患者を診察し、その診察をおもとに必要な処置や処方箋を発行します。
必要な処置があると看護師に指示をし、看護師が処置をする場合もあります。

いつもどこでも一緒にお仕事すると、なんだか学校にいるような、お互いに理解し合えるお友達のような錯覚に陥ることがあるようです。もちろん
必ずしもみんなに当てはまるわけではありませんが、お互いの考えや状況を理解し合い、意気投合する医師と看護師はお仕事関係以上の付き合いに突っ走るようですよ。

双方に家族なく独身ならいいのですが、家庭を持ち子供がいるとなると波乱万丈の人生のスタートとなるのです。

どちらかが家庭もちで幸せにあるにもかかわらず、ちょっとしたデータなどのきっかけから危険な情事にまで突っ走ると元にもどることができなくなる医師と看護師のカップルが多いです。

特に医療機関で働く医師や看護師はお酒が好きな人たちが多くいます。
お仕事上ストレスが多くたまるからなのか、うっ憤をはらすためにもお酒を楽しみ自分たちの人生も楽しんでいるのでしょう。

職場環境がどうであれ、ちゃんと患者と向き合い、医師や看護師さんはお仕事をしてほしいところです。