40代50代の医師の転職は簡単

昨今、インターネットやインターネットを利用できるハードウェアなどのパソコンや、アプリケーションなどのソフトウェアは、かなりのスピードで進化し普及しています。
これはどの分野においても当てはまります。
例えば、スマートフォンや自動車にも、多くの最新の機能や機器が備わっています。

利用現場においては、IT技術の進歩によりハードウェアやソフトウェアなどの導入回転がはやいです。
次々に新しいものが取り入れられていきます。
そんな中、その医療機器を扱うのはもちろん医療行為の資格を持つ医師のみなさんです。

40代50代の医師のみなさんは、すでに自分のお仕事のスタイルやお仕事の進め方を身に着けていて、マイペースでお仕事することが大好きのようです。

なので、医療現場が最新の医療機器を取り入れることで、臨機応変に対応できない医師も多いです。
医療現場でまず医師が扱うのがオーダーリングシステムというものがあります。
医師が看護師、薬剤師やリハビリ職員に医療行為の指示を出すためのシステムですが、各医療機関によって操作性やルールが異なります。
40代50代の医師は、各医療機関に転職すれば先にこのオーダーリングシステムの指導を受け、現場で指示ができるように説明を受けます。

このオーダーリングシステムは少しくせもので、指示を出すために医療機関の指示の出し方のルールを学び、そのルールのもとでシステムの操作を覚えるので、本当に細かく医師の指示ミスをすることはできません。
医師の指示ミスをすることで、訂正作業という更に細かい操作や作業がまっているのです。
毎日60人の患者を診る医師からすれば、一つの操作ミスが多くの患者の医療行為に遅れを生み出すことになります。

そのためか、40代50代の医師はこのオーダーリングシステムの操作説明後、1週間以内に姿を消す医師は多いです。
医療の技術も進歩しますが、医療現場で医師に求められることは非常に多いです。
医療ミスは絶対にできない行為なので、新しいシステムの操作までは気にしていられないのでしょうが、
常に新しくなり患者の治療や管理がよくなるので、医師には諦めず日々新しい物を学び、患者のために勉強してい欲しいです。

新しいシステムの勉強ができない医師は常に転職を繰り返し、自分が気持ちよくお仕事できる住みかを探しつづける傾向があるようです。
でも日本国内のすべての医療機関の環境が最新になれば、新しい技術に追いつけない医師はおいてけぼりになるのでしょう。